top of page

デスクワークの「つらい頭痛・肩こり」

初めまして。


福岡県糟屋郡宇美町で「デスクワークの頭痛・肩こり」に特化した整体院、SPECフィジカルコンディショニングを営んでいる中西智博と申します。


こんなお悩み、ありませんか?


︎●肩こりがひどくなると、頭痛や吐き気がして来る


︎●肩こりが慢性的で、年に何回かはひどい寝違えやギックリ腰を起こす


︎●長時間パソコン作業をしていると腕がジンジンして来るのが心配


︎●肩こりは職業病だと諦めている


︎●肩がこって仕事の能率が上がらない、発想力も落ちる


︎●枕が合わなくてよく眠れない

どんな枕を使ったら良いか分からない

(寝付きが悪い、朝起きたら肩や腰が痛い)


その原因は「ちゃんと座れていない」ことにあるかもしれません。



私は理学療法士という医療系国家資格を取得して18年になります。


その間、総合病院、整形外科クリニックで勤務して、本当に沢山の患者さまのお体を

見てきました。


その経験の一つの結論として、「座り方」を変えて「ちゃんと座れる体を取り戻す」

ことが、本質的に体を良くしていく上で、本当に大切だということが分かりました。


この「座り方」が最も影響するのが「デスクワークをしている人」です。


実際、コロナ禍になりテレワークが増えた結果、体の調子を崩す人が増えました。


そして座り方の大切さに気がついた人が、テレワーク向きの良い椅子を買うように

なった結果、そういった椅子の需要が増えました。


これからの未来、いかに科学やAIが進歩・発展して世の中が便利になって行ったとしても、それを使いこなす「人間の体」というものは大きく変わりません。


デスクワークをされる方が、自分の持っている発想力、閃き、そういった

クリエイティブな能力を発揮するためには、その土台となる「座り方」が

とても大切になるのは言うまでもありません。


長時間座っていて、頭痛がしたり、肩こりがつらい状態では、仕事がはかどらないのは

当然ですよね?


私は、デスクワークをされている方に「ちゃんと座れる体」を取り戻して頂き、

痛みに悩まされず、持てる能力をしっかりできる。


そのお手伝いがしたいと考えています。

最新記事

すべて表示

【私が考える、痛みや不調が「良くなる」「改善する」ということ】

「良くなる」 「改善する」 何をもってそう考えるか? これは、施術家、セラピスト個人個人で様々だと思います。 患者さんがその言葉を聞いて、 どんなことをイメージするか? それも様々だと思います。 私自身にとっての「痛み」や「不調」が 「良くなる」 「改善する」とは、 ・慢性的な「痛み」や「不調」が無くなる。 ・何らかのきっかけで痛みが出ても、1日、2日すればすぐに痛みがおさまる。 こういう状態にな

Comments


bottom of page