top of page

【私が考える、痛みや不調が「良くなる」「改善する」ということ】

「良くなる」


「改善する」



何をもってそう考えるか?



これは、施術家、セラピスト個人個人で様々だと思います。



患者さんがその言葉を聞いて、


どんなことをイメージするか?



それも様々だと思います。



私自身にとっての「痛み」や「不調」が


「良くなる」


「改善する」とは、



・慢性的な「痛み」や「不調」が無くなる。



・何らかのきっかけで痛みが出ても、1日、2日すればすぐに痛みがおさまる。



こういう状態になることだと考えています。



つまり、


【痛みや不調が「続くこと」を予防できる状態】


これが私が考える「良くなる」「改善する」ということです。




多くの整骨院や整体、マッサージを受けに行くと、「悪くなったら来て下さい」と言われるかと思います。



これは、「悪くなる」「予防できない」ことが前提の話だと思います。



もし、痛みや不調を改善し、悪化を予防できるやり方があるのならば、それをお伝えする方が、患者さんにとってのメリットはずっと大きいのではないでしょうか。




自分自身の「悪い姿勢のくせ」を知り、そのくせを直していくことで、慢性的な痛みや不調の大部分は改善できると、私は確信しています。



その背景には、私自身の体験があります。




私自身は昔、痛いところだらけでした。



20代の頃には右手首・右ひざ・右あご・背中に慢性的な痛みがありました。



病院で理学療法士として17年間働く中で、沢山の患者さんのお体を見て、「悪い姿勢のくせ」がいかに大きな問題なのかを知りました。



そして、私自身も「姿勢が右にかたよるくせ」があることが分かり、そのくせを治して行きました。



その結果、47歳の今ではどこも痛いところがありません。



目立った体の不調もありません。



この体験から、「悪い姿勢のくせ」を直すことで、大多数の方の慢性的な痛みや不調が続くことを改善できると確信しています。



私が思う、「良くなった」「改善した」という体験を、一人でも多くの方にして頂きたい。



これが、私が整体院をさせて頂いている理由です。


最新記事

すべて表示

SPEC勉強会を開催

先週末、福岡市早良区の牟田病院をお借りしてSPECアドバンスコース勉強会を開催させて頂きました。 5月から全5回の勉強会として開催したこの勉強会もいよいよ最終盤。 ベーシックコースで教わったSPEC体操一つ一つに込められた意味、それを補強する運動を教えて頂きました。 2分間の体操に、エクササイズ、治療技術、評価方法、全てのことが込められていて、学べば学ぶほど、体操自体の効果も深まり、治療効果も高ま

横に崩した座り方の具体例

【横に崩した座り方の具体例】 ・足を組む ・片方の肘や手に寄りかかって座る ・(女性がよく地べたに座って行う)横座り ・車の運転の時に左足が開いて横に倒れている これらは全て横に崩した座り方の代表例です。 これらをやめることが、「横に崩す座り方」をやめることになります。 慢性的な症状、不調を改善する上ではとても効果があります。 #頭痛 #頭痛解消 #肩こり #肩こり解消 #整体 #整体院 #福岡 

「横に崩す」ことが問題

私は座り方を「横に崩す」ことが問題だと考えています。 何故なら、人間の構造は「横に向かう」ようには作られていないからです。 人間の体は本来、「前に向かう」ように作られています。 横に崩した座り方は、人間の構造に逆行した行為です。 横に崩した体を、立ち上がったり、歩いたり、動く時には、 「無理やり前に進めないといけない」 また、立ってバランスを取らないといけない時には、「左に向かっている体を、どこか

Comments


bottom of page