top of page

「横に崩す」ことが問題

私は座り方を「横に崩す」ことが問題だと考えています。

何故なら、人間の構造は「横に向かう」ようには作られていないからです。

人間の体は本来、「前に向かう」ように作られています。

横に崩した座り方は、人間の構造に逆行した行為です。

横に崩した体を、立ち上がったり、歩いたり、動く時には、

「無理やり前に進めないといけない」

また、立ってバランスを取らないといけない時には、「左に向かっている体を、どこかを固めて右に戻す」という無理をかけ続けることになります。

それを続けていることで、慢性的な痛みや、様々な体の不調の原因になると考えています。

最新記事

すべて表示

【私が考える、痛みや不調が「良くなる」「改善する」ということ】

「良くなる」 「改善する」 何をもってそう考えるか? これは、施術家、セラピスト個人個人で様々だと思います。 患者さんがその言葉を聞いて、 どんなことをイメージするか? それも様々だと思います。 私自身にとっての「痛み」や「不調」が 「良くなる」 「改善する」とは、 ・慢性的な「痛み」や「不調」が無くなる。 ・何らかのきっかけで痛みが出ても、1日、2日すればすぐに痛みがおさまる。 こういう状態にな

Comments


bottom of page